ナカタケブログ

めざせ、福岡国際マラソン!

ランニングとアルコール

僕は今シーズンから、トレーニングした日はお酒は飲みません!
理由は身体の再生に悪影響するのではないか、と思っているからです。

 

タンパク質の代謝が後回しになる

アルコールは体内でアセトアルデヒドという、とても毒性の高い物質に変化するため、人体はこれを最優先に処理します。 />そのため、タンパク質などの身体に必要な代謝が全て後回しになります。

 

ビタミンやミネラルが消費される

また、アルコールの代謝により、ビタミンやミネラルなど、多くの栄養素を消費してしまいます。

アルコールで失われる栄養素

 

筋肉が合成されず、分解される

さらに、アルコールにより、筋肉を合成するテストステロンというホルモンの分泌量が減り、コルチゾールという筋肉を分解するホルモンの分泌量が増えます。

welq.jp

 

内臓疲労

ランニングは内臓にも負担をかけますが、アルコール代謝でも内臓はフル稼働で働くのでとても負担をかけます。特に肝臓の疲労はアスリートには致命的ですが、アルコール代謝は主に肝臓ががんばることになります。

 

アルコールに「適量」なし

適量のアルコールは健康に良い、という話もありますが、最近の研究では、アルコールに適量はない(どんなに少量でも有害)という結果もあります。

jp.wsj.com

 

どうしても飲みたいなら

どうしてもトレーニング後に飲みたい場合は、トレーニング直後にプロテインを飲んで、2時間後くらいからお酒を飲む、という技もあるようです。 お酒を飲む前に、タンパク質の吸収を終わらせてしまおう、という事ですね。

sports-crowd.net

Sprush Running Club ではメンバーを募集しています!

ナカタケが所属する Sprush Running Club では、リレーマラソンや合同練習など、ゆるーく活動しております。いつも一人で走っているけどたまにみんなで走ってみたい、これからランニングを始めたいなど、興味がある方はお気軽にご連絡ください!

連絡先
nakataketiger@yahoo.co.jp

Facebookページ
https://www.facebook.com/groups/263538867129316/