ナカタケブログ

めざせ、福岡国際マラソン!

【ウソでした!!】どうしても福岡マラソンに当選したい人へ! 〜これやったら当選しない気がする2つの事〜

 さて、福岡マラソン2015の募集の締め切りが間近(5月22日まで)となって参りました。もうとっくにエントリーを済ませ、抽選の結果待ちという方も多いと思います。そこで、これをやると福岡マラソンに当選しない、という事を書きます。どうしても福岡マラソンを走りたい方は、ぜひご参考に。

 追記この件に関しては、たくさん情報をいただきまいした。結果から言うと、2つともやっても福岡マラソンには当選する、ということでした!(最後の「その後の情報」をご覧ください)

 

下関海響マラソンにエントリーする

 来週、5月20日の20時から下関海響マラソンにエントリーが開始になります。海響マラソンは、福岡マラソンと違い、先着順でエントリーを受付けます。人気の大会なので数時間で定員に達してしまうのですが、パソコンの前で1時間くらいがんばれば、比較的エントリーに成功する確率が高い大会だという印象です。

 しかし、これに成功すると、福岡マラソンには落選します。たぶん。なぜでしょう。それは、福岡マラソンと海響マラソンは「開催日が近く、どちらもランネットからエントリーする」からです

 福岡マラソンと海響マラソンの開催日は1週違いです。エントリーを受付ける窓口は両大会ともランネットなのですが、この場合、どちらも当選する、という確率はとても低いです。これは、どちらも当選した場合、片方をキャンセルする確率が高かったり(キャンセルが続出すると運営側が大変!)、もしかしたら公平性を考えているのかもしれません(両方とも落選する、という確率をできるだけ減らす、など)。

 

神戸マラソンにエントリーする

 これも海響マラソンと同じ理由です。神戸マラソンは抽選になりますが、神戸マラソンに当選した場合は、福岡マラソンは落選すると考えておいたほうがよいでしょう。(抽選結果の発表は福岡マラソンの方が先になりそうですが)

 

まとめ

 福岡マラソンに本気で出場したい方は、海響マラソンや神戸マラソンにエントリーするのはやめましょう。福岡マラソンに落選した際の保険のために、これらの大会にエントリーしておく、というのは得策ではないのです。

 しかし、海響マラソンは素晴らしい大会です。景色も良いし、運営も素晴らしいです。前回の福岡マラソンを走った僕の印象では、現在のところクオリティーの高さは海峡マラソンの方が上です。福岡界隈にお住みの方は、福岡マラソンを走らずに、海響マラソンを走る、という選択もオススメです。

 

おまけ:この法則は他の大会にも当てはまる

 「開催日が近いく、どちらもエントリーがランネットの場合、両方とも当選することはない」の法則は公言されているものではありません。が、僕の経験では現在のところ100%の確率でこの法則が当てはまります。少なくとも、開催日が2週違いくらいまでであれば、両方とも当選することはなさそうです。

 もちろん福岡マラソン以外でも、この法則は当てはまります。例えば、京都マラソンと北九州マラソンもこの法則に当てはまります。

  例外として、落選後の再抽選に当選することにより、両方とも当選となることはあるようです。(僕は京都マラソンに当選、北九州マラソンに落選だったのですが、再抽選で北九州マラソンも当選になりました)

 また、大阪マラソン東京マラソンのように、ランネットではない独自のエントリー窓口を使用している大会は、開催日が近くても両方当選することは可能です。

 

 11月や2月はレースも多く、毎週のように楽しそうなレースがどこかで開催されますが、上記のようなことも考えながら、スケジュールを組み立てると良いかもしれません。

 

※すべて僕の経験で書いていますが、そんなことないよ、という情報もお待ちしております〜

 

その後の情報

 方々から、1週違いでの当選情報をいただきました。この法則が当てはまるのは、僕だけかも!(てへペロ)

 

 そしてなんと僕が海響マラソン、福岡マラソン両方とも当選しました!

Sprush Running Club ではメンバーを募集しています!

ナカタケが所属する Sprush Running Club では、リレーマラソンや合同練習など、ゆるーく活動しております。いつも一人で走っているけどたまにみんなで走ってみたい、これからランニングを始めたいなど、興味がある方はお気軽にご連絡ください!

連絡先
nakataketiger@yahoo.co.jp

Facebookページ
https://www.facebook.com/groups/263538867129316/